October 30, 2010

変わらないこと

色々良い影響を与えてもらって、頑張ったよ私。

涙を誘う感動しちゃう言葉って、予想しない所にあったり…

大きな「第一歩」を踏み出して、自分が本当のところで
どうしたいかが良く分かった。

埋められないものも、埋められるものも、
しっかり考えると、両方とも受け止められるものだったのだと分かったから。

変えられれば、とかやり直せたらって思う事って一生尽きないのだろうけど、
結論的には過去に後悔はないのだという事。
まぁ自分の中で完全解決はしてないけれど、
これが私で、この私として一生生きていくということだけは
変えられないから、許容範囲を広げる事と
ポジティブさをUPする事が必要だわ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 29, 2010

きっと

人は変えられなくても、自分は頑張れば変えられる。
自分の夢は自分で掴むもの。

「人間万事塞翁が馬」とはよく言ったものだ。
最近、そう感じることがよくある。


一目会ったら、それだけで胸が一杯になりそう。
もう、夜な夜なあんな悪夢見たくない。
信じたい。信じてる…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2010

CATS

Dscf1217

先週あたりから、劇団四季の「CATS」が私の観てみたかったキャストになってて、
ノロノロしてるとまたキャスト変更しちゃうかもしれないけど、他に行けそうな日がなかったので、
今日息子と2人で鑑賞してきました~

息子は初ミュージカルだったけど、暗転時に「もうおしまい?」とかちょっと声を発しちゃってた以外は
おりこうさんに観られました!

そして私のお目当てだった俳優さんは、生で初めて観たけど、
やっぱり歌がうまいし、声質が好みで、イケメンで素敵でした~

息子にCATSの感想を聞いたら、「かっこよかった」だそう。
この調子なら「美女と野獣」と「ライオンキング」は行けそうかな~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2010

決意

試験近づいて、いい加減真剣に集中して勉強しなきゃなんだけど、
昨日突如、思い立ってしまったことがあって、
すっごくそわそわしつつ、まぁ勉強しています

突然思いついたっていうか、ずっと心のどこかでは忘れてはいなかった事なのだけど、
解決策っていうか、踏み出す第一歩を、今まで早何年も考えつきもしなかったのに、
突然昨日思い立って…

何なんだろう。何で昨日そう思いついたんだろう。

「良い案だ」って思ったことを、思いついた通り実行したら、
道が開けるのか、かえって悲しくなって追い込まれるなら、
今まで通り、忘れたふりして生きて行った方がいいのか…

一切誰にも詳細を話したことがなくて、
相談するのも躊躇われて、もう何年が経ったのだろうと
考えると恐ろしい。

う~ん、悩む。
悩むけど、たとえ悲しい結果でも、何もしないで何も変わらないより、
行動して良い方向に変わる可能性に賭けてみたいと思った。

たとえ悲しくなっても、彼と息子だけは
絶対私を助けてくれる。唯一かつ大きな存在に
彼らの意思は考慮してないけど、勝手に支えられて、
試験終わったら一歩踏み出そうと検討中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2010

浴衣

Dscf1177

今日はお仕事の一環で浴衣を着ることになっていて、自分のを持参したんだけど、
着付け師さんがいらしてて、販売もしてたところ買っていただいてしまいました

私は生まれてこの方、祖母が買って来てくれた浴衣しか着たことがなく、
それも気に入っていたけれど、青系ばかりだったので、
少し前から白地のものが着てみたく、白地にピンクのなんて可愛くて良いなぁと
思ってたけど、もう若づくりになっちゃうかなと思ってたところ、
今日ちょうど白地に紫のお花の浴衣を販売していて、
買っていただいちゃいました

なので、念願の白地の浴衣を着ることができました~
常にどろどろの靴になっちゃう息子を抱っこするのが大変な生地だけど、
とても気に入って、初めて自分で選んだ浴衣が着れて嬉しかったです。

しかも、ひどい頭痛再発のため飲んでる薬のおかげで、
幸か不幸か精神状態が安定していて、良い一日になりました
まぁ、頭痛は治ってほしいけど、この精神安定感はすばらしい…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2010

新聞を読んで

今日朝刊を読んでいたら、某国立大学の大学院の研究科新設と工学部再編の
記事が出ていて、思わず熟読してしまいました。

思えば4~3年半程前、その再編に関してコンサルを依頼されてやってたお仕事が、
前職での最後のお仕事だったので…
色々やってた中でも、特にやりがいを感じていた仕事で、
かつやっとちょっと責任ある仕事を任せてもらった頃で、
その上優しい先輩がフォローもしてくださって、
それは、過去は美化して見えるものなのかもしれないけど、
あの頃は楽しかったなぁと…

そう考えると、また現在にネガティブ感情を抱いちゃうけど、
でもでも、息子との出会いは奇跡みたいなもので、
無事生まれたことにも、今元気いっぱいなことにも、
感謝しなくちゃいけなくて、両立できたら一番だったけど、
私にはそれを選択できなかったので、
与えられた環境を楽しくするようにしていきたいものです。

とにかく、あの頃楽しく頑張ってたお仕事が、
こうして形になって、これからの高校生の進路選択に
ほんのちょっとでも役に立ってたら…って考えると、
私にとって本当に良い仕事でした。

辛い思い出も多かったけど、すごい良い思い出があって、
上記の業務は最後まで関われなかったけど、今になってちゃんとそれが形になってて、
新聞読んだら、今日はとても良い一日になりました

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2010

3歳☆

今年も無事9月5日を迎え、我が子も3歳になりました

朝、起きた時に胸に乗っかってきたので、
生まれた直後に抱かせてもらった時のことを思うと、
本当に大きくなって、お兄さんになって、当時が懐かしいものでした。

そして今年はやっと自分のお誕生日というのを認識できて、
前から「お誕生日に買ってあげる」と言っていた自転車を嬉しそうに
乗りまわしたり、プールにも行って思い切りはしゃいで、
楽しそうにしてたので、こちらも嬉しかったです


夜はケーキを準備してあげると、いつの間にか知ってて「ハッピバースデー」と一緒に歌って、
自分で初めてろうそくの火を吹き消してたので、
何だか感動してしまいました。

日頃、育児に後ろ向きになりがちな私ですが、
我が子の嬉しそうなところを見たり、成長を見ると、
この上なく嬉しくて、子育てはだからめげてもやってけるんだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2010

2度目の

お誕生日に「アイーダ」観てから、ミュージカル熱が再燃して、
「アイーダ」は9/5で千秋楽ということだけど、どうしてももう1度観たくて、
今日1人で2度目の観劇をしてきました

私は1人で色々と出掛けるの好きだけど、
映画やミュージカルはまだ1人で行ったことなくて、今日が初めてでした。
平日の昼間ということもあってか、1人女性客も多かったし、
これから1人ミュージカルも良いなぁと思いました。
月一回くらい行けたら理想的

2度目だとストーリーに集中しすぎず、客観的(?)に観られて、
演技の細部とか、舞台芸術に目がよく行って、また楽しめました。

そして、前回はアイーダとラダメスの「叶わぬ恋」に涙しちゃったけど、
今日はアムネリスが自分がラダメスの婚約者だったのに、
2人が恋仲になってしまったことを許し、2人を一緒のお墓に埋めてあげようと
決めるシーンで泣けちゃいました。
「アイーダ」がハッピーエンドじゃないのに、また観たいって思えるのは、
この両者があるからなんだなと思いました。

それにミュージカルは大抵もともと英語の歌詞を日本語訳してるから、
原文に比べて内容が薄くなったり、若干ずれちゃうけど、
「アイーダ」はクライマックスの歌(「星のさだめ」)のサビが良いから心に残ります。
それで、気になって英語の歌詞検索したら、これは上手く日本語訳してるなと思いました。

日本語だと
「星のさだめか 
罪の報いか 
なぜやってきたの別れの時が

神が2人を弄んで
つかの間の恋を与えたのか」

元の英語の歌詞は
“Is it written in the stars
Are we paying for some crime
Is that all that we are good for
Just a stretch of mortal time
For some God's experiment
In which we have no say
In which we're given paradise
But only for a day ”

あぁ、今日も良い時間でした
また行きたい。今度はなに観に行こうかな?
そろそろ陽生もいっしょに行こうか考え中

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2010

ぶどう狩り

Dscf1153

目黒区にある小さな農園で、ぶどう狩りができるということで、
先週末に家族で行ってきました。
陽生はぶどうが苦手だけど、自分でもぎ取れたのが嬉しくて、
何度も「また行こうね」と言って、その日は5粒くらい食べてました
でも、翌日からまた苦手に戻ってて、よく分からないわ~(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2010

最近

しばらく書いてなかったけど、私の精神的な状況は
一進一退な感じです。
本当にいつも笑顔が良いんだけどなぁ。

Dscf1131


最近、陽生はいろいろと初めての体験をしました。
こどものためのクラシックコンサートは、5分で飽きてどうしようもなかったけど、
「トイ・ストーリー3」は映画館で約2時間ちゃんと座って観られました。
パパと2人で行った幼児プールでは、手にはめる浮輪で、1人で泳げたそうです。

最近は本当に話せる内容の進歩がめまぐるしくて、
意思疎通は完全にできるし、「そんな言い回しも知ってたの?」っていうような
言葉をたくさん使って文章を話すのでビックリします。
まぁ、もうすぐ3歳だしね。

それに私が泣いちゃってたりすると、
陽生はそっと近づいていてチュってしてくれます。
なぜか分からないけど、陽生としては慰めてくれているようです。

そんな姿を見ると本当に愛らしくて、もう胸がいっぱいなのに、
日によっては、とにかく育児に携わることが一切いやになって、
保育園に迎えに行く道のりが気が重いとか、
私は母としてどうなんだろう…と思ってしまいます。

0歳のとき、1歳のときは、当時は当時で色々苦労してたのに、
今となっては「昔はまだ楽だった」と思うわけで、
今後もそう思うのか、楽になるのか…

自分がまだ20代だし、
特に産後数カ月が、死の病かもと思う辛さだったので、
それを考えると恐怖で、でもこんな可愛い我が子がもう1人いたら可愛いのかなと思ったり、
陽生も兄弟が欲しくなったり、将来助け合えるのかなと考えたり、
でも「もう育児なんて2度とごめんだ」と思ったり…

最初から「子供はいらない」って夫婦はいても、
「育児が辛いから2人以上はいらない」って人っているのだろうかって思うと、
ますます自己嫌悪に陥って、だからってどうしようもなく…

「母親業が、主婦業が好きだ」って人が羨ましい。
私は前職は人間関係など色々あったけど、
その仕事内容にやりがいと誇りを感じて「好きだ」って言える仕事をしてた。
ワーキングマザーになって状況が変わって、結局転職しちゃったけど、
それでも「好きだ」って思えてたから、母親業も好きだって思えたら、
どんなに良い事かと考えずにはいられなくて…

仕事と育児は違うのだから、同じ土俵で比較しても仕方ないのかもしれないけれど、
自分で選択したことなのに、育児に行き詰ると「親としての義務だから」とか
「かわいい我が子だから仕方ない」とか思えなくて、
もうすべてから逃げ出したくなる。

誰からも一切プレッシャーかけられないのが幸いだけど、
1人で色々思い悩むこの頃。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«麻薬のようなもの